株式投資でお金の流れを理解しよう

admin, 10 6月 2015, No comments
Categories: 投資全般

消費社会に、ばっちり洗脳されている私たちは日々消費することが頭から離れません。「消費したい」という気持ちは、子どものころからうえつけられ、テレビCMや広告などいたることろに、アニメやお菓子など子どもが欲しいものであふれています。消費することで、社会経済がまわるので悪いことではないのですが、問題は消費に対する理解をしていないという点です。

現代のお金はとてもしたたかで、お金がとられているという認識が薄いまま支払いを要求します。例えば、携帯電話や電子マネーなども知らず知らずのうちち利用料金が増えていたという経験をもっている人も多いことでしょう。また、ゲームなどの課金が気づけば100万円まで膨れ上がっていたというニュースも耳にします。

そんな、お金のトラブルに巻き込まれないためにお金の流れについて理解することが大切です。お金の流れをすぐに理解するのにぴったりなのが「株式投資」です。株式投資とは、企業が発行する株の取引を市場を行い、利益を得ることができる投資の基本的なスタイルです。リスクが高いというイメージのある株式投資ですが、お金を操る側になることで消費社会に飲み込まれるのを避けることができます。

気がつけばお金が貯まっている

admin, 18 5月 2015, No comments
Categories: 投資全般

貯金が成功できるかどうかなのですが、実は性格による部分が大きいとされています。計画を綿密に立てていたとしても実行できなければ意味はありませんし、衝動買いなどの浪費癖のある人はなかなか貯金を貯めるとこは難しいと思われます。このように貯金には根気と我慢が必要に思われているのですが、その様なものが足りていないという自覚がある人は、貯金を自覚しないで済む貯金方法を選んで欲しいと思います。

貯金が苦手な人でも貯められる方法なのですが、積立を利用すると良いかと思います。月々の支払いだと思えば貯金を怠けることもありませんし、掛け金を引き出したくても途中解約は厄介な手続きが必要になりますので、浪費したくてもできないという状況に持ち込めるのです。積立を上手く使えば、気がつけばお金が貯まっているという状況になっているのです。

積立なのですが、貯金が目的なら投資信託が非常にお得です。投資信託は定期預金や積立型保険の満期で支払われる金額よりも利回りが高いです。これは利子設定が非常に高くなっているプランの積立だから出来ることです。純粋に貯金を目的に積立を行ないたいと思っているのでしたら、投資信託で積立を行ないましょう。

利用しやすい学資保険とは

admin, 16 3月 2015, No comments
Categories: 保険関連

子供が大学まで進学することになると、多くの教育資金が必要となります。特に子供進学においては多額の資金がかかるようになるため、子どもにとって安心できる十分な資金づくりを行なうべきとされています。

子供の教育資金づくりでは学資保険がよいとされています。この保険は、保険会社と契約して満期になると保険金を受け取るといったことになります。

学資保険の中には全国どこの郵便局でも利用できるかんぽ保険の学資保険もあります。この保険では、進学を考える人にとって身近で利用しやすい保険とされ、契約者が死亡しても保険金が受け取れる特例もあるので重宝されているようです。

この場合、保険料の払込は免除となり、満期には予定どおりに保険金を受け取ることができるとされています。ただし、保険金額は、500万円までなので、大学の進学や私立高校などの進学を希望する場合には、もう少し限度額が高い保険金に加入する必要があるかもしれません。

また、かんぽ生命では、万一のことがあったときにも、安心できる「新学資保険」に育英年金保障を追加したプランを設けています。これにより、子供の進学においても安心が得られるとして全国では人気が上昇しているようです。

積立投資を理解しておく

admin, 04 2月 2015, No comments
Categories: ビジネス

積立投資の注目度は海外ファンドのおかげでとても高いものになっています。海外ファンドは様々な事を行なってくれているのですが、積立投資も行ってくれています。むしろ海外ファンドの積立投資は利回りが日本の投資信託とは比べ物にならないほど素晴らしいとされているほど。おかげで海外ファンドで積立投資を行なっている人も多いと言われているのですが、積立投資を行なう際には、当たり前の話ではありますが積立投資がどのようなものなのかをしっかりと理解した上で行うべきです。どのようなものなのかと言えば、積立投資は長期的展望を以って行わなければならないという点です。

投資ではありますが、短期投資のように数日でいきなり成果が出るというものではなく、あくまでも長期的な視野で向き合うものです。期間は十年単位のものになるケースもあるのです。
その点をよくよく踏まえた上で積立投資を行なうべきです。極論ではありますが、とにかくすぐにでも利益を得たいと考えている人にとっては残念ながら積立投資は向いていません。長期的な展望に立ち、売買益のみならず、配当や株主優待といった副次的なものでも利益を狙えるものですから、長期的な展望が必要となってくるのです。

社長紹介サイト「情熱社長」から、注目経営者をご紹介します。
アブラハム・グループ・ホールディングス株式会社 高岡壮一郎社長
ビジネスにかける想いを熱く語っています。

公的年金の支えとなる年金制度

admin, 12 1月 2015, No comments
Categories: 保険関連

皆さんは401kというものをご存知ですか?知らない人にとってはさっぱり何のことかわからないかと思います。この401kというのは、日本で言うところの確定拠出年金のことをいいます。何故こんな変わった名前で呼ばれているのかというと、このシステムが元々アメリカでは内国歳入法401条k項を根拠法として運用されてきた、というのが理由となっています。日本でも導入された確定拠出年金はこのアメリカにおける401kを輸入した形となっています。

しかし、導入されてからまだそれほど時間が経っていないためか、あるいはそのシステムが日本人にそれまでマッチしていないためか、あまり利用が広がっていないいという現状があります。そこでここでは、この401k、つまり確定拠出年金について簡単に紹介していきたいと思います。

この年金制度というのは、公的年金に取って代わるものではなく、あくまでも公的年金とは別に積立てていくことを目的としています。そもそも確定拠出年金は加入条件として公的年金への加入を掲げているため、こちらを使うので公的年金は支払わない、というようなことは出来ないために注意が必要です。いわゆる個人年金保険の方が形としては近いでしょう。

積立を行うための方法

admin, 12 12月 2014, No comments
Categories: 投資全般

人それぞれ、将来に様々な目標というものがあるかと思います。老後を豊かに生活したいというのも一つですし、家を買いたいというのもその1つであることでしょう。こうした目標のなかでも、お金が必要となるものに対して用意していくことが出来るのが、積立という方法です。

積立は常に決まった金額を利用して貯蓄や投資を行なっていくことを言います。毎月決まった金額を貯金していくというのも積立ですし、毎月決まった金額を投資するというのも積立ということになります。では、効率よく資金を積み立てるにはどんな手法を利用するべきなのでしょうか?

貯蓄による積立は最も一般的に行なわれていますが、資産形成効果としてはそれほど高いものが期待できる方法ではありません。というのも、日本国内の銀行というのは金利が非常に低く設定されているため、預けたお金が増えていくということがほとんどないためです。増やさなくても良い、というのであれば、安全性からして貯蓄を利用する方法はアドバンテージがあります。

増やしていきたいというのであれば、積立投資のような資産運用を考えるのが良いでしょう。リスクは多少高まるものの、利率も大幅に高くなるのが一般的です。

老後資金の効率よい貯め方とは

admin, 02 12月 2014, No comments
Categories: 投資全般

老後の生活について考えたことはありますか?老後に安定した暮らしがしたいのであれば、ある程度の資金をためておく必要があります。公的年金や企業年金があってもそれだけでは十分とは言えません。老後の資金をためていくのに効率の良い方法はあるのでしょうか。

老後資金をためるのには早ければ早いほうが楽です。ただし、若いころから老後資金のために貯蓄をしている人はあまりいないようです。多くの人が、50歳代後半からまとめて資金を貯蓄していくようです。子供に対する負担がなくなるので、貯めやすいのでしょう。

資産を効率よく増やすためにはコツコツと貯めていくことも大切ですが、優遇される制度は利用しましょう。税制が優遇される商品を選ぶことも効率の良い資産形成につながります。

リスクが低いものを選んで老後の資産形成を行っていきたいと思うかもしれませんが、多少のリスクを冒せば、効率よく短期間で資産をためていくことができますよ。ハイリスクのものは手を出さないほうが賢明ですが、多少のリスクであれば、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。思わぬ利益を生み出してくれるかもしれません。ただし、安全性をよく考えてから選びましょうね。

参考にしたいブログはこちら
初心者でも分かる老後資金の集め方

投資は基本を忠実に守ろう

admin, 13 11月 2014, No comments
Categories: 投資全般

資産運用に最も必要なものはどれだけセルフコントロールができるか、につきます。
資産を増やす方法は様々な研究がされていて、成果も蓄積しつつあります。インターネットを見ても投資家の方のブログを見ることができます。何をどのくらい投資し、それによってどれだけの成果が出たのか、というのも後悔されていますので、現段階ではノウハウ通りに進めていけばほぼ間違いなく安定して資産を増やしていくことができます。

しかし、ちょっとうまくいくと人間はどんどん欲が出て、基本から外れた自分のやり方で「もっと儲けてやろう」と考えるものです。それでうまく利益を出すことができれば、それが快感になりますから、どんどん自分のやり方ですすめていこうと考えます。

ただし、投資はそれほど甘くはありません。ギャンブルならラッキーで勝つことはありますが、投資に関しては基本を忘れたらかなりの高確率で負けてしまうことでしょう。そのため、自分のやり方に走ってしまう方は損してしまうことが多く、最終的には「投資は儲からない」とその道を諦めてしまうのです。

投資は目的にもよりますが、リスクを抑えながら確実に資産を増やす運用も十分可能です。あまり欲を出さずに基本通りに投資をして資産運用を行っていきましょう。

人間はいつか必ず死ぬからこそ

admin, 22 10月 2014, No comments
Categories: 保険関連

生命保険の歴史において、一つの分岐点となったのが終身保険の登場であると言えます。終身保険が誕生した背景には、生命保険の構造的な問題点というものが存在していした。

生命保険はそもそも、保険対象者が死亡した際に保険金が支払われるというシステムのものをいいます。つまり、死亡者本人ではなく、残される人達に向けた保険である、というのが基本的な理念であるということです。しかしながら、かつての生命保険というのは契約期間というものが存在していました。

そのため、対象者が死亡する前に契約期間が切れてしまうと、肝心の死亡時の保険金というものが受け取れなくなってしまう、という状態になっていたということです。健康保険などのタイプであればこれでも良いですが、生命保険というシステムを考えるとこれでは無意味になってしまいます。

とはいっても、人は誰もが必ず死ぬものである、ということを考えると、保険会社としてもすべてに支払いを行なわなければならなくなる終身保険というのの導入には慎重な向きがありました。しかし、預かった保険料を資産運用することによって増やすという手段が取られる用になってからは、必ず支払わなければならない生命保険でも採算を採れるようになりました。

賃貸経営で明るい未来

admin, 09 10月 2014, No comments
Categories: 投資全般

街中をあるいていると、立ち並ぶ賃貸物件。新築のアパートやマンションをよくみかけるようにもまりましたよね。ネットで不動産を探すとたくさんヒットしますね。賃貸を必要としている人の需要と供給のバランスがとれている今、賃貸経営者が増えているのです。

賃貸経営というと、豊富な知識と経験を身に着けないといけないというイメージもありますよね。しかし、基本は全体をみることがポイントです。入居者目線の賃貸経営をすることで、賃貸を必要としている人たちの満足度を上げ、空き物件を解消にもつながります。

また、賃貸経営に必要なことは、確実に結果の残せるためのパートナーと存在です。そのパートナーと出会えることで、必要な情報を素早く入手してくれるので、すばやい判断を下すことができますよね。

ゼロからアベノミクスを学びたい人必見のwebサイト

その他、金銭面でも様々なメリットを生み出すのが賃貸経営です。そして、節税にもつながりますので、一生懸命働いてお金貯金するという流れに、賃貸経営が加わることで、さらに豊かな暮らしへとつながりますよね。不景気が続くいまだからこそ、賃貸経営をはじめて、自分の資金運用をすることが大切です。その先には、皆が笑顔になるような暮らしがまっているのです!